レホルム製品とは

ドイツの厳格な基準をクリアした健康食品 レホルム製品

ノイレホルム・マーク「レホルム製品」は、ヨーロッパで最も厳しい(財)ドイツ・ノイホルム協会の品質基準を満たし審査に合格した、エビデンス科学的根拠のある健康食品・自然食品・自然派化粧品などのことです。特に防腐剤や添加物・残留農薬など安全面に関わる検査では、ドイツの法定基準よりさらに厳しい独自の基準を定められています。そしてこれらの基準をクリアした製品のみに「レホルム製品」としての証である「ノイホルム・マーク」を付けることが許されています。
 

ドイツ・レホルムの歴史「レホルム運動とは?」

「ドイツで発達した究極の医療"病気にならない体づくり"」

『レホルム』とは「改革・改善」を意味するドイツ語です。(英語のリフォームにあたります。)ドイツでは19世紀の産業革命で自然・生活環境が悪化しました。医師や学者、市民らが各地で起こる深刻な健康問題や公害問題の被害を訴え、やがて国を挙げての運動となりました。そして「人間が本来あるべき自然の姿を取り戻そう」と起こった自然回帰運動を「レホルム運動」といいます。
 

レホルム製品の品質基準

【原料】

 栄養価が高く残留農薬が僅少なもの
 有機(オーガニック)栽培が原則
 遺伝子組み替え原料を使用しない
 

【安全性】

 個々の製品グループに対する品質規準
 法律での規準を遥かに下回る残留農薬
 原料と加工の管理指導の徹底
 ノイホルム研究所による品質管理
 

【加工法】

 主成分や有用成分が損なわれない加工法
 添加物は製品の製造上不可欠で安全性に問題がない物質
 食品の場合は化学合成添加物は認められない
 油脂硬化処理をしない
 放射能の照射は認められない
 

【レホルムとしての責務】

 死んだ動物を原料に使用しない
 適正な動物飼育法を実施する
 動物実験はしない
 環境を配慮した製造法と加工法の実施
 包装は必要最小限度で簡素なもの

これらすべてをクリアした製品だけが「レホルム製品」として認められます。

レホルムハウス

ドイツ国内の約15%が愛用、ヨーロッパの30カ国以上で販売実績

レホルムハウス化学薬品に頼らない植物・自然療法に意識の高いヨーロッパ。あるデータによれば、ドイツ人口の実に約15%がレホルム製品を愛用していると言われています。レホルム製品は、主に『レホルムハウス』というヨーロッパの自然食品専門店で販売されています。このレホルムハウスで働くためには、ハッファアガデミーという全寮制の学校で2年間学び資格をとらなければなりません。ヨーロッパ人の美容・健康への意識は日本とは比べ物にならないほど高いのです。